ルメブログ

IT土方と呼ばれて…貯金10万から30代でセミリタイアを本気で目指す!

【節約術】ガス会社の警報器リース契約を解除する方法

どうも。最近株を始めたルメブログです。
雑記ブログにしようとしていたこのブログもお金が絡む話が多くなってきましたね。笑
株や投資の話は今度にして本日もまたお金の節約話です。

 

 

節約のためにガス会社を変えてみた

節約のためになんとか家計の固定費を削りたいと常々思っていたところ、ガスも自由化に伴って安い会社に変えた方がいいということが分かり早速先日変えてみました。

私の場合、東京ガスからレモンガスという会社に変えました。

レモンガスは都市ガスの自由化に伴って東京ガスからシェアを奪っている会社です。
シェアを奪えている理由は単純にガス会社としてのサービスは東京ガスと変わらないのに料金が東京ガスに比べて安いからです。
このレモンガスにしたことで私も毎月の都市ガス料金が約500円安くなりました!
年間だと6000円のコスト削減になります。

ガス会社の変更・切り替えというとなんだかめんどくさそうですが、例えば東京ガスの解約だったりめんどくさいことは全部レモンガス側でやってくれるので切り替えは申し込むだけ。
超簡単でした。
ガス機器の切り替え設置も勝手にやってくれます。
これも立ち合い不要。
これだけで年間6000円以上浮くのでガス会社ぜひ変えてみてください。

ちなみにレモンガスという会社の母体はウォーターサーバー大手のアクアクララです。

 

東京ガスの契約を解除しても警報機のリース契約は残ったまま

さてガス会社を無事に東京ガスからレモンガスに変更し、これでガス代安くなった\(^o^)/
と喜んでいたところに一通のはがきが…。

f:id:it_revol:20171229140430j:plain

なぜ解約したはずの東京ガスからハガキ…
中身を見ると…ガスの警報器リース契約は継続している?!
しかも契約有効期限まであと3年もあってそれまで毎月300円を払えって?!

そもそも警報器ってどれのこと?と思ってたらキッチンのそばについてるこれか。

f:id:it_revol:20171229133414j:plain


…毎月300円だけど年間だと約4000円。
警報機は5年の契約で5年ごとに新しいものと取り換えるらしいので1台の警報機にかかる料金はつまり20,000
円前後。

高っ!!
恐ろしい。実家のマンションは15年くらい払い続けてる気がする…。

これは無駄な出費になる(確信)

というわけで警報器のリース契約を解除することにしました。

ガス警報器の契約は義務じゃない

そもそも警報器のリース契約ってガス会社と最初に契約する時にあたかも当然のようにしれーっと契約させられます。
でもよく考えると毎月300円以上を払って契約しなくても自分で警報器買っちゃえば済むんですよね。

警報器なんて実はアマゾンでも楽天でも1000円くらいから売ってます。
安い!!

というかうちのマンションにはそもそも最初からマンション設備にガス感知器も付いてました。

これなら警報器を毎月お金払って契約する必要はありませんよね。

そして!
警報器の契約というのは義務ではありません。
付けるのが当たり前の風潮がありますが別につけなくてもいいんです。
まあ何かあったとき確かに危ないので付けたほうがいいかなと個人的には思うので1000円払って買っちゃいましょう。
それで済む話です。

警報器のリース契約を解除してみた

早速リース契約を解除してみました。
以下、解除までの手順です。

①警報器のリース先のガス会社に電話して警報器の契約を解除したい旨を伝える

まず最初に家に置いてある警報器のリース先のガス会社に電話します。
私の場合はそれが東京ガスだったのでここからは東京ガスで警報器リース契約を解約した話となります。

東京ガスのコールセンターに電話すると自動の音声案内で用件ごとにこの用件は何番を押して~みたいな自動音声が流れるんですが、案内されたどの番号も警報器のリース契約解除とは違った気がしたのでとりあえずその他の案内の7番を押しました。

すると自動音声からコールセンターにつながったのでそこで警報器のリース契約を解約したい、ということを伝えます。

伝えると「では担当者から改めて折り返し連絡をします。」と返答をもらいコールセンターへの電話は終わりました。
3分くらいでしたね。
ここまでで解除を止められたりするようなことは一切なかったです。

②担当者から折り返しの電話をもらい警報器を外す日を決める

コールセンターに電話した翌日、東京ガスの担当者から電話がありました。
内容は警報器を外す日をいつにしましょうか、という電話で私が立ち会える直近の日で決めてもらいました。

電話はそれだけ決めてすぐ終わり。
ここでも解約を止めるような話は一切されなかったのでよかったです。

③警報器を外してもらう(要:立ち会い)

電話してから4日後、ガス会社のおじさんが警報器を外しに来てくれました。

作業は壁にかかってる警報器を外すだけなので15秒くらいで完了。
回収した警報器を持ってあっという間におじさんは帰られていきました。。

というわけで警報器が外れてリース契約も終了。
無事解約できました!

警報機のリース契約を解除してみて

率直な感想として思ったのはリース契約を解約するのはすごく簡単!ということです。
携帯を解約するときみたいにしつこく解約を止められる…ことは一切なくあっさりと解約できちゃいました。
これで無駄な出費を一つ減らせたことになります。

繰り返しになりますが警報器なんてずーっとお金払って借りなくても1000円で買えるもの。
毎月払う金額が大きな金額ではないので見過ごしがちですがさっさと解約しちゃったほうがいいです。