ルメブログ

IT土方と呼ばれて…貯金10万から30代でセミリタイアを本気で目指す!

【資格の必要性】未経験からIT業界に就職するならこの資格

 

さて今日はIT系の資格の話をしようと思います。 ITエンジニアは技術職ってことで資格の数がすごい多いんですよ。 国家試験だけでも結構な種類がありますし、民間の資格にいたっては多すぎて全部を把握してる人は誰もいないんじゃないでしょうか…ってぐらいに多いw  

ITの資格は受験料が高い

民間企業が行うIT系資格の特徴として受験料が他の業界の資格試験に比べると高額なものが多いです。 例えば代表的なのはこの資格 ORACLE MASTER Platinum これはあるデータベースの資格試験なんですがこの資格を取るのになんやかんやで100万以上お金がかかるといわれています。

高すぎる!

そんなん取る人いるの?と思われるかもしれませんがこれが意外といます。

この資格の受験料の高さはちょっと桁違いなんですが他の民間IT資格も総じて2万ぐらいは受験料がかかります。

要は民間がやってるIT資格はお金が高い ってことはぜひ覚えておいてください。

だからもしIT業界に就職を考えている方で資格を取ろうとしている人は民間の資格を取るのは辞めておいたほうがいいですねー。

というか基本的にIT系の会社に入社すれば会社が資格の受験料を負担してくれます(中には負担してくれない会社もあるかもしれない…)

なので民間系の資格は入社後に取りましょう。  

就職のアピールとして狙うなら国家資格

前置きが長くなりました。

実際に未経験からIT業界に就職、転職するときに持っているとちょっと有利になってかつ取りやすい資格を紹介します。

ITパスポート

先ほども述べたように民間企業が認定している資格は受験料が高額な上、試験自体結構マニアックなものが多いです。

それよりもコスパが良くITのことを広く浅く理解できる試験国家資格があります。

ITパスポートです。

この資格はIPA情報処理推進機構)っていうところが催す日本の情報処理試験の中では最もIT入門者向けの国家資格です。

知識のレベルに応じて色々資格があるんです。

 

 

f:id:it_revol:20171111134257j:plain

現行の国家試験制度(IPAのホームページより)


どんな資格試験?

この資格が就職に有利に働くか、というと間違いなく有利に働きます。

よく2chとかのネットの情報だと「ITパスポートなんて持っててもしょうがねえw」みたいなこと書いてあるんですがそんなことはないです!

未経験からIT業界に就職するのであれば持っていると必ず一定の評価はされます。

それに資格をもっていると志望動機にも活かしやすい。

「IT業界には元々少し興味があってITパスポートの勉強とかもしてみたんですけど、勉強していくうちに楽しくなってきてITのことをもっと知りたい、仕事として関わりたいなと思いこの業界を志望しました!」とかね…。

話に具体性が出ます。

実際に私自身もこの資格が営業からITエンジニアに転職する際に有利に働きました。 

面接で面接官が「 へーITパスポート持ってるんだ。 じゃあ研修はなんとなくついていけそうだね。この業界は勉強すること多いけど大丈夫?」と聞いてきたので

「はい!新しい知識を勉強することは好きなので。ITパスポートの試験も結構楽しく勉強でき…(略)」みたいな感じで資格の話が実際に出ました。

この会社から無事内定は貰えたもで資格の話は間違いなくプラスに働いたと思います。

難易度

この資格の難易度ですが簡単だと思います。

社会人なら2カ月、学生であれば1カ月あれば十分とれると思います。

私は大学生の時単位が常にギリギリだったので取ると2単位もらえる…という適当な理由でこの資格を取ったんですが一カ月毎日1時間時間くらいの勉強で取れました。

計算問題も多少出るんですがだいたいは暗記系の知識を問う問題なので覚えるだけです。

テキスト(教科書)は古本屋で買ったものでも2,3年前とかのものなら全然大丈夫だと思います。私は5,6年前のテキストをブックオフで200円で買って勉強してました。

それをザーッと読んで(6割くらい理解してればOK)あとは問題集をひたすら解く感じですね。

範囲が結構広く問題も微妙にIT技術の進化と共に更新されるので問題集に関しては新しいものを買ったほうがいいです。

この問題集が一番おすすめ!

どんな問題が出るのか

問題に関して例をあげるとこんな感じです。

・問題の例
問:情報セキュリティの脅威であるキーロガーの説明として,適切なものはどれか。
  
ア.PC利用者の背後からキーボード入力とディスプレイを見ることで情報を盗み出す。
 
イ.キーボード入力を記録する仕組みを利用者のPCで動作させ,この記録を入手する。
 
ウ.パスワードとして利用されそうな単語を網羅した辞書データを用いて,パスワードを解析する。
 
エ.無線LANの電波を検知できるPCを持って街中を移動し,不正に利用が可能なアクセスポイントを見つけ出す。
 
 
答え:イ
キーロガー(Keylogger)とは、PCへのキーボード入力を逐一監視し、それを記録するソフトウェアまたはハードウェアです。
 

受験料

5,700円です。

ちょっと高い気もしますが国家試験はどの資格もだいたいこの値段。  

受験日、受験会場

CBT(Computer Based Testing)方式というものを採用していてこれが他の国家資格とは違ってちょっと特殊。

決まった受験日、受験会場といものは存在しません。

ネットで家の近くの試験場を探して自分が受験したい日程を決めて申し込みます。 そのため基本的にいつでも受けられます。

詳しくはこちらから 受験日程、受験場所が決まったら試験会場(といってもだいたい雑居ビルの小さな部屋)でパソコンの画面から試験を受けます。

最後に:資格って取る意味あるの?

そもそも資格って取る意味あるのか。

これについてはまあ大きく意見が分かれるますよね。

僕としては正しい時期に正しい資格を選択し取得することには意味がある。 と思っています。

実は僕は学生のころに資格の勉強にはまっていた時期がありました。

元々はさっきも言ったように資格取ると大学の単位に加算される! ということを知って資格で単位を稼ごうとしたことがきっかけ(単位はほんとに常にギリでした)。

そしてその後就活の時有利になると考え資格をさらに取りまくりました。

簿記、FP、宅建TOEIC等有名どころの資格は一通りやってだいたいもってます。

で、今IT業界でSEとして仕事をしていますが当時取った資格の知識が役に立っているか、というとまあ大して役に立ってませんw とはいえ全く役に立ってないということはなく、簿記の知識はシステムで会計の計算を行うときに多少使いますし英語は海外の資料を読むときや海外出張で仕事をするときにそこそこ使ってるしFPの金融系の知識は多分なんかで使った気がするし…..。

宅建の知識は…全然使ってねえw

ということで多少の効果はあったのかもしれない。

ただ勉強にかけた時間に対してのリターンを考えれば低いですね。

基本的に勉強しても使なければ知識は忘れますから。

とはいえたくさんの資格試験の勉強をしていたおかげで勉強をする習慣がつきました。

資格自体に大して意味はなかったのかもしれませんが一生使える勉強の習慣がついたので結果的に私は資格の勉強をしていてよかったと思ってます

資格を取るなら取れそうなものを確実に!

IT業界に未経験からの就職を考える人がよくITパスポートをすっ飛ばしてもう一つ上の資格である基本情報技術者試験(FE)を取ろうとします。

確かに基本技術者のほうが持っていれば就職時により有利に働くのは間違いないんですが全く知識がない素人がこの資格を勉強してもよく理解できないと思うんですね。

資格を取るためだけにただ丸暗記で覚えても結局よくわからないと忘れてしまうし身につきません。

実務で実際にやりつつ資格の試験等で知識を体系的に学ぶ。これが一番いい方法なんじゃないかとおもいます。

だから私は未経験であればまずはITパスポートの取得でいいと思います。

他にもネットではよく、まずは実際にアプリを作ってみてそれを成果物に転職しろ!みたいなことが書いてますがこれも実際にはハードルが高いです。

もちろん成果物があればそれに越したことはないんですが完成できなければ意味がありません。

そもそも未経験者が一からWebアプリ等を作るのは実際相当根気がいるし難しい。  

ITエンジニアに転職するために成果物としてWebアプリを作ろう!   
⇓⇓⇓
実際にやってみると難しくて全進められない…   
⇓⇓⇓
嫌になって作るのを辞める。   
⇓⇓⇓
自分に自信を無くす。

 

これがまあ最悪のパターンですね。。。

こんなことになるぐらいなら一カ月集中してITパスポートの資格を取ったほうが確実に自分の評価を高められると思います。

と、いうことで! IT資格の紹介でした。

気になる方は本屋とかに寄って調べてみてくださいねー!