ルメブログ

IT土方と呼ばれて…貯金10万から30代でセミリタイアを本気で目指す!

【利回り10%】クラウドリースに投資しました【ソーシャルレンディングへの投資記録】

毎月約15万円をソーシャルレンディングに投資しています。

今回は半年ぶりにmaneoファミリーのクラウドリースに投資しました。

↓↓↓前回の投資記事↓↓↓

www.rumeblog.com

今回もミドルリスクの高利回り案件です。

 

 

投資案件

f:id:it_revol:20180915194249j:plain

f:id:it_revol:20180915194304j:plain

 

案件名:設備資金支援ローンファンド95号 7ヶ月運用

利回り:10%(年利)
運用期間:7ヶ月
募集総額:4005万円
担保設定:なし

その他:約束手形あり

投資金額:15万円

 

maneoグループの一つで主に店舗ビジネスへの投資を行っているクラウドリースの案件です。

今回の案件の特徴としてはやはり利回りが10%超えと高いことでしょう。

これ以外でもクラウドリースの案件はだいたいが10~12%の基本的に高利回り案件が中心です。

運用期間についても7カ月と長くもなく短くもなく…といった具合でしょうか。私の場合、高利回りの案件で1年を超える運用案件はリスクを考え基本的に避けているのでちょうどよかった気がします。

懸念点

不安材料としては担保がないことですねー。

これも高利回り案件なので仕方ないことなのかもしれませんがいざというときの債権回収手段が減るのはリスクの一つです。

ただ最近は担保が設定されていても全く債権を回収できていない事業者もいるので設定される担保が本当に担保として機能するのかというのは結局投資家に分かりません…。

約束手形が保証に

今回の案件には担保がない代わり?に約束手形が設定されています。

手形があれば全ての債務返済よりも優先されるため最悪支払いが遅延した場合でも原資は確保できるのではないでしょうか。

本当に遅延が発生した場合はどれほど遅れて返済されるのかはわかりませんが。

まとめ

今回のクラウドリースの案件は高利回りではありますが、担保がないことなどからもミドルリスクな案件です。

とはいえクラウドリースには私自身過去にきちんと分配された償還実績がありここまで悪いうわさはありません。

さらに同じマネオグループで高利回りだったグリーンインフラレンディングが倒れたためクラウドリースの人気は上がっています。

リスクはありますがここまで高利回りかつ短期償還できる事業者は他にないため今後も主力事業者として投資を行っていきます。

 

今回の投資金額は15万円で年利回り10%のため7か月後に税引き後の利益として7,100 円が返済される予定です。

クラウドリースへの投資はmaneoに登録後、my maneoのページから連携管理のタブを押して連携したいサービスからクラウドリースを選べば簡単にできます。