ルメブログ

IT土方と呼ばれて…貯金10万から30代でセミリタイアを本気で目指す!

【個別株投資】IT土方たちの頂点。NTTデータの株を買い注文

f:id:it_revol:20181113231343j:plain

個別株の投資がリスキーなの分かってるんですが先日のユーシンTOBと一年近くマイナスで保有していた楽天の株がやーっと上がってプラスになってきたためすっかり気が良くなっていた最近…。

 

これは良い波が来ている!!('Д')

 

という素人的考え丸出しで個別株をまた買いました。

 

 

SIerの頂点NTTデータ (9613)を買い!!

今回購入した銘柄は私のようなIT土方にはかなりなじみの深いあの大企業。

通称「データさん」ことNTTデータです。

 

■銘柄情報

2018/11/13 現在

企業名:(株)NTTデータ

市場:東証1部

PER:21.09 倍

PBR:2.08 倍

配当利回り:1.25%

株主優待:なし

約定価格(1株当たり):1,365円

 

思えば私がIT業界に入った最初の案件の納品先(お客さん)もNTTデータでした。

NTTデータが受注した案件を下請けの企業(下請けといっても大企業)が開発するという典型的な土方開発の場で7次請けのIT土方として私も派遣されてましたね。

あの時は現場の人たちがNTTデータのことをデータさん、データさん言っていて7次請けの私が「NTTに…」というとすぐに「データさんね!」と訂正されるぐらいだったので多重請負の頂点に君臨するNTTデータはすごい殿様企業なんだなーという印象でした。

なんだか嫌味っぽい文章になりましたがNTTデータは嫌いじゃないしむしろ好きですw

株を買った理由

今回NTTデータの株を購入したのは直近の決算発表後、大幅に株価が落ちていたのでこれは仕入れ時と思い購入しました。

8月から11月までの株価推移

8月から11月までの株価推移

決算自体は割と堅調な増収増益(純利益が前年同期比9%増)でしたがそれでも投資家の期待を下回る水準だったようです。

とはいえ長期スパンで見ていくと株価は確実に伸びているので買うなら安くなった今だ!と思い買ったわけです。

2013年からの株価推移

2013年からの株価推移

 

IT企業にはPERより個人的思惑優先

またIT土方として働く私からするとNTTデータは今後も間違いなく成長する企業だと思っています!

IOTやAIなどシステム開発需要の拡大から考えて国内での受注量は今後もさらに増加するでしょうし、個人的に同じIT土方仲間の評判を聞いてもデータ案件(NTTデータの開発案件)は他のSIer(富〇通、〇芝、N〇C)などと比べるとすこぶる評価が高いのです。

(富〇通はクソ!は本当によく聞くけど…)

また超超個人的にNTTデータが出したSpringフレームワークの本は普通に内容充実していて良かったw

というわけで前回のユーシンのような割安株で絞って~みたいな若干テクニカルな分析より(そもそもできてない)個人的な感情や経験で購入しました。

 

ちなみに投資戦略的には優待もなく配当利回りも低いので長期ホールドするつもりはなく値上がり次第売却予定!

年内に1500円まで上がってほしいなー。

 

株初心者のおすすめ本⇩