ルメブログ

IT土方と呼ばれて…貯金10万から30代でセミリタイアを本気で目指す!

【副業】本のフリマアプリ「ブクマ!」に出品したら秒速で1000円稼げた【出品方法完全ガイド】

 

副業はいろいろありますが自分が持っているいらないものを売るフリマは簡単に始められてかつすぐに利益が出るので結構楽しいです。

フリマはすごく浸透してるので副業なの?と思うかもしれませんが自分で値段を付けて売る以上立派な商売だと思いますよ。

さてそのなかでも最近本をフリマアプリのブクマ!で売ってみたので紹介したいと思います。

本のフリマアプリ「ブクマ!」とは

ブクマ!は本に特化したフリマ(フリーマーケット)のスマホアプリです。

簡単にいうとメルカリの本だけ売ってるバージョンみたいな。

スマホアプリなのでPC版とかWEB版はないんですがそれでも結構使えます!

f:id:it_revol:20190119215047j:plain

とにかく出品が簡単

このアプリの最大の特徴はとにかく出品が簡単なこと。

公式サイトでも「最短10秒で出品」というのを謳い文句にしていますがあながち盛ってない気がします笑

その出品方法は

①売りたい本の裏にあるバーコードを読み込む

②売る値段決める

③商品の状態、発送方法を選ぶ

これだけです。

いちいち商品の情報を説明する文を書いたり写真を撮ったりしなくてもバーコードを読み込んだ時点で画像付きの商品ページが出てきます。

なので売る側としては価格を決めるぐらいしかやることがなくとにかく出品のハードルが低い。

利益率はどれくらい?手数料は標準的

売る際にかかってくる販売手数料は販売価格の10%です。

他のフリマアプリもだいたい同じなので標準的な手数料だといえます。

例えば本の販売価格を1500円とすると、販売手数料で150取られて販売利益は1350円です。

f:id:it_revol:20190120011145j:image

販売価格は送料込みの価格なのでここから送料を引いた額(クリックポストなら180円)が純粋な利益となります。

つまり

純利益=販売価格×0.9-送料

例でいえば

1500×0.9-180=1170円が純利益

 ということです。

他の競合サービスとの比較

競合の他社サービスと比較してみました。

amazon(マーケットプレイス)

まず個人が本を売れるWebサービスの大手としてはAmazonマーケットプレイスがあります。

f:id:it_revol:20190120010648j:plain

メリット

amazonのメリットはとにかくユーザーが多いことですね。

今時みんなamazonは使ってますよね。

なんせプラットフォームとしてデカいのでより多くの人の目に商品を訴求できます。

これは結構強い。

デメリット

ブクマ!と比べたデメリットとしては手数料が高いことです。

ちょっと計算が複雑でややこしいんですが

まず基本成約料で100円。
販売手数料は(販売価格+送料257円)×15%
さらにカテゴリー成約料として80円(国内に発送する場合)

そして送料(クリックポストなら180円)

これらがかかります。

また送料257円があらかじめ販売価格に上乗せされて売り出されます。

なので例えばブクマ!と同様に1500円で本を売ろうとした場合…

売り出し価格(販売価格+販売価格に上乗せされる送料)ー手数料ー基本成約料ーカテゴリー成約料ー送料

1500+257×0.85-100-80-180=1133円

つまり1133円が純粋な利益となります。

あれブクマ!とそんなに変わらないじゃん…と思いますが買う側としては商品の価格がブクマ!なら1500円なのに対しamazonは送料が価格にプラスされるので1757円で買うことになりブクマ!より割高となります。

それなら安いブクマ!で買うので価格や販売手数料ではブクマ!に軍配が上がります。

メルカリ

フリマアプリ大本命のメルカリ。

こちらは手数料にブクマ!との違いはありません。

f:id:it_revol:20190120010552j:plain

メリット

メルカリのほうがユーザー数が圧倒的に多いので人気の本なら売れる確率はブクマ!より高いんじゃないかと思います。

デメリット

当然本以外の出品も多いので商品検索でキーワードを絞らないとヒットせず買う側に見つけてもらえません。

なのでそもそも人気のある本でないとまず目に入らないでしょう。

少し前まで本やCD、DVDに特化したメルカリカウルというサービスがありましたがサービスを終了してしまいました。。。

また出品時には自分で写真を撮り商品の説明を書く必要があるため出品のハードルが少し上がります。

とはいえフリマアプリの中では圧倒的なユーザー数なので余裕があればブクマ!と併用して使うのがいいと思います。

メルカリ

ラクマ

手数料が一番安いのが楽天のラクマです。

f:id:it_revol:20190120010428j:plain

メリット

販売手数料が3.5%と最も安いです。

そのため出品者が利益を最も上げられるのがこのラクマです。

デメリット

メルカリ同様、出品時には自分で写真を撮り商品の説明を書く必要があります。

さらにメルカリほどユーザーがいないので他の競合に比べると売るのに最も時間がかかるサービスとなるでしょう。

ただしメリットで述べたように利益を最も上げられるのがこのラクマなのでメルカリ同様に併用して出品できればベストです。

ブクマ!で実際に出品してみた~売上までの流れ~

ここから実際に本を売った時の流れを書いていきます。

今回売ったのはこちらの本⇓⇓

 

f:id:it_revol:20190120011158j:image

HTMLとLinuxの学習本。

どちらも3年以上前の本だけど果たして売れるのか…

①出品するを探すorバーコードで読み取る

まずブクマ!で売りたい本を決めたら検索欄に本の名前を入力するか、本の裏のバーコードをブクマ!から読み込みます。

②商品の価格や状態発送方法を選んで出品

すると該当の商品の情報が表示された出品ページが出てくるのでここで販売価格、商品の状態、発送元の地域(初回のみ)、発送方法(初回のみ)、発送までの日程(初回のみ)を選択します。

選んだら出品ボタンを押して出品完了。

まじですぐできます。

私は今回定価4,104円のLPICの本を780円で、定価3,024円のHTMLの本を580円でそれぞれ売ってみました。

どちらも買ってから時間がだいぶ経っていて保管状態も決して良くなかったので商品の状態は「可」としました。

③商品が売れたら発送する

出品した商品が無事売れたら商品を発送します。

なんと今回私が出品した商品は深夜に出品をしたにもかかわらず一冊目が出品直後に、更にもう一冊が数時間後には売れましたw

秒速で稼げましたw

ていうか価格を安くしすぎましたね汗

でもブクマ!は思ってたより売れるアプリみたいですね。

f:id:it_revol:20190120011836j:image

商品が売れたらメッセージでお礼を言うとともに発送にどれくらいかかるか伝えてあげると購入者も安心です。

梱包はダイソーで買ったプチプチと封筒で

f:id:it_revol:20190120011209j:image

本の梱包はダイソーでそれぞれ百円で買ったプチプチ(エアーマット)とA4の封筒を使います。

本をプチプチで包んでガムテープでとめ、それをA4の封筒に入れて完成。

まあ簡単な作業ですけど5分くらいはかかります。

めんどい人にはあらかじめ中にクッションが入ったクッション封筒なんてのもダイソーに売ってたのでこれでもいいかも。

f:id:it_revol:20190120011229j:image

発送はクリックポストで

発送方法はゆうメールとかレターパックとかいろいろ選べるんですがクリックポストが180円と安くておすすめです。

クリックポスト|日本郵便

クリックポストは届け先を入力したらあとはそれを印刷して梱包した封筒に貼ってポストに投函するだけです。

f:id:it_revol:20190120011819j:image

発送したら発送完了ボタンをおして発送完了を伝えます。

これを忘れると売り上げにならないので忘れないように。

f:id:it_revol:20190120011807j:image

発送完了後に商品を追跡できるように問い合わせ番号を教えてあげると親切です。

④購入者を評価する

商品が購入者の手元に届くと購入者が取引を評価してくれます。
f:id:it_revol:20190120015657j:image
こちら側(売った側)からも購入者を評価したら取引完了、売り上げが計上されます。

以上が取引の流れです!!

強いて言うならめんどくさいのは梱包くらいで初めてでも取引はスムーズに行えました。

アプリの使い方もシンプルで非常に簡単。

今回は自分の家に本を売ってみましたがこれを機に本のせどりも始めてみたいな~

招待コードでささやかだけどお特に

さてブクマ!の紹介は以上ですがいかがでしたでしょうか。

ちなみにブクマ!にはお友達招待コードというものがありこの招待コードを入れて登録すると50円分のポイントがもらえます(ついでに私にも50円分もらえます)。

初回の登録時には別で100円分のポイントももらえるので合計150円分のポイントがもらえます。

(正直50円はしょぼいけど…)

ぜひ招待コード「143CC」を使って登録してくださいね~

フリマアプリ - ブクマ! 本のフリマでかんたん出品

フリマアプリ - ブクマ! 本のフリマでかんたん出品

Trista Inc.無料posted withアプリーチ

まとめ

  • 「ブクマ!」はとにかく出品が簡単なのが特徴の本に特化したフリマアプリ
  • 手数料は10%と標準的で他にかかるのは送料のみ
  • 出品したら結構すぐに売れたのでユーザーは多い
  • メルカリやラクマと併用して使うのもおすすめ
  • 招待コード「143CC」を使って50円だけ得できる
  • 本を売るのにも買うのにもおすすめのアプリ